『密猟者』


密猟者

挿絵 名香智子
ワニブックス
キララノベルスセレクション
新書版ハードカバー
ISBN4−8470−3240−3
本体価格  1100円

禁忌、美貌、欧州、少年、社交界、秘密、無垢、生贄、…そして愛。

あらすじ:
美貌の作家シェヴィー・ヴォネガットには、過去に秘密があった。
夏の避暑地で、年上の女性に弄ばれた結果、彼には、10歳しか年の違わない息子がいたのだ。
弟のエリックと暮らしていたシェヴィーのもとに、ある日、息子アランから連絡が来る。その日から、シェヴィーは、アランによって、性の奴隷へと飼育される日々が始まった。

同時収録『禁断の果実』
美しいが、残酷で、高慢な、秘密クラブの女王キスミが選んだ今夜の生け贄は、16歳の美少女。蹂躙される少女に亡き我が子の面影を見た男は、無慈悲なキスミに思い知らせてやろうとするが……

作者コメント:
我が子(小説)は、どの子も可愛いんですが、『密猟者』は気に入っている話です。
シェヴィーとアランとエリックの3Pが無性に書きたくなる時があったりします。